下部消化管内視鏡カメラ(大腸カメラ)とは

下部消化管内視鏡カメラ(大腸カメラ)のイメージ写真

下部消化管内視鏡検査は一般に「大腸カメラ」と呼ばれるもので、肛門から内視鏡を挿入して、大腸(直腸から盲腸まで)の内部を観察するものです。

大腸カメラは、胃カメラよりも曲がりくねって長い大腸の深部にまで挿入するため、スコープの硬度を変えられるなど、様々な工夫が施されており、近年ではよりスムーズに検査が行えるようになっています。
胃カメラ同様、鉗子口等があり、ポリープの切除などもそのまま行えます。

日本では食生活の欧米化が進むにしたがって、大腸の疾患が増加しており、大腸がんも非常に多くなっています。
2019年の統計では死亡数の多いがんの部位で、女性で1位、男性で3位となっています。
しかし初期の大腸がんは、内視鏡手術で切除できる可能性が高く、早期発見により、早期に治療されれば、治癒する確率も高くなります。

大腸がんと密接な関係にある大腸ポリープは、40代から増え始めて、加齢とともにできやすくなる傾向にあります。
ポリープはできても自覚症状はありませんので、定期的に大腸カメラによる検査をお勧めします。
ポリープの状態によっては、検査時にそのまま切除してしまうことも可能です。(別途、手術が必要と判断した場合は、専門医療機関を紹介いたします)

大腸カメラでの検査は、腸内を内視鏡で観察するため、腹痛やお腹の張りを感じる場合がありますが、当クリニックでは胃カメラ同様、セデーション(鎮痛剤)を使用しての検査も可能ですので、苦痛を感じず検査を受けることができます。

また当クリニックでは下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)に備えて、前処置室を2室完備しています。
通常、前日および当日に自宅で行っていただく下剤等の処置を、当日院内で行うことができますので、より安心して、スムーズに検査を受けていただくことができます。

以下のような方は下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)による検査をお勧めします

  • 便潜血反応で「陽性」との診断を受けた
  • 血便がみられている
  • 便秘や下痢などの便通異常の症状がある
  • 腹痛、腹部膨満感がある
  • 貧血を指摘されている
  • よく顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重減少があった
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

大腸カメラで発見されやすい主な疾患(例)

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎 など

下部内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

検査前日まで

  • 検査予定日の3日前から繊維を多く含む食べ物(※)をなるべく避け、水分を多めにとるようにしてください。
  • 前日は検査予約時に購入していただく検査食を召し上がってください。(検査食以外の食事はとらないでください。お水、お茶などはとっていただいて構いません)
  • 検査予約時にお渡しする下剤を就寝前に内服してください。
  • アルコールはなるべく控えるようにしてください。

検査当日(検査前)

  • 朝食は召し上がらないでください。
    お水、お茶などはとっていただいて構いません(ただし無糖のものに限ります)。
  • 服用している薬があれば、当日朝6時までに服用してください。(※※)
  • 来院後、前処置室にて下剤を飲んでいただきます。その後、水またはお茶を飲んでいただきます(無糖のもの)。
  • 排便し、腸内をきれいな状態にしていただきます。

検査当日(検査後)

  • セデーションによる検査を行った場合は、1時間ほど院内で休息していただきます。
  • 休息後、検査後の注意事項をお伝えします。行った処置によって内容が異なります。

※)3日前からは以下のような食べ物をお控えください。

  • タケノコ、トウモロコシ、ネギ、パイナップルなどの繊維の硬いもの。
  • ゴマ、ピーナッツ、イチゴ、トマトなどの粒状のもの。
  • ミカン、トマトの薄皮。
  • わかめ、ヒジキ、海苔などの海藻類。
  • シイタケ、エノキ、シメジなどのキノコ類。

※※)抗凝固薬や抗血小板薬(血液をさらさらにする薬)を内服している方は、検査予約時にお知らせください。
また糖尿病で血糖降下薬の内服や、インスリンの皮下注射をされている方は、当日は内服、注射をしないでください。

検査自体の流れ

1. 鎮静剤(セデーション)の投与
前処置室における事前の準備が調ったら、検査衣に着替えて、検査台に横になっていただきます。セデーション(鎮静剤)を用いる場合は、ここで投与します。
2. 検査開始
内視鏡を肛門から挿入していきます(検査の開始)。検査中は体の向きを変えたり、お腹を押さえることがあります。また腸管を膨らませることもあります。
3. 腸管内部を観察
内視鏡によって撮影された映像はモニタを通して医師が確認、結腸や直腸などの内腔に病変がないかを調べます。
4. 生検およびポリープ切除
疑わしい組織があった場合は内視鏡で一部を採取し、顕微鏡で詳細を調べていきます(生検)。またポリープがあり、切除可能な場合は切除します。
5. 検査終了
大腸の内腔を一通り観察すれば検査は終了です。検査時間は観察のみなら15~30分程度です。