ご挨拶

院長 山田 重徳

初めまして。この度、令和3年8月に長野県松本市島立にて消化器内科クリニックを開業しました山田 重徳 と申します。
生まれも育ちも松本市で、東京医科大学を卒業後、信州大学内科学第二講座に入局、消化器病の専門医として医療に従事して参りました。今後は松本の地域医療に貢献したいと思い、開業を決意しました。
胃・大腸の検査治療のみならず、一般内科にも精通しておりますので、血圧が気になる方や血糖値が気になる方、諸々含めお気軽にご相談頂ければ幸いです。
今後共末永く宜しくお願い申し上げます。

やまだ内科クリニック 院長 山田 重徳

略歴

平成11年
長野県松本深志高校卒業
平成17年
東京医科大学卒業
平成20年
信州大学大学院医学研究科(内科系専攻)修了

資格・学会

  • 日本内科学会(認定内科医,専門医)
  • 日本消化器病学会(専門医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医)
  • 日本ヘリコバクター学会(認定医)

業績集

英文

  1. Total pancreas divisum caused by vebtral pancreas malrotation showing billiary pancreatitis.
    Shigenori Yamada, Takashi Muraki, Shuichi Yokosawa, Norikazu Arakura, Shigeyuki Kawa, Katuhiko Ishizawa, Manabu Nakamura.
    Clinical Journal of Gastroenterology. 5: 20-23, 2012
  2. Reduced gland mucin-specific O-glycan in gastric atrophy: A possible risk factor for differentiated-type adenocarcinoma of the stomach.
    Yamada S, Okamura T, Kobayashi S, Tanaka E, Nakayama J.
    J Gastroenterol Hepatol. 30(10): 1478-84, 2015
  3. Limitation in Defining Ablation Line by Magnified Endoscopic Imaging for Endoscopic Submucosal Resection of Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland Type as Revealed by 3D Reconstruction Images of Gastric Tissue Specimens.
    Yamada S, Matsuura H, Nakayama J.
    J Can Assoc Gastroenterol. 1(4): 137-138, 2018
  4. Diffuse MIST1 expression and decreased α1,4-linked N-acetylglucosamine (αGlcNAc) glycosylation on MUC6 are distinct hallmarks for gastric neoplasms showing oxyntic gland differentiation.
    Yamada S, Yamanoi K, Sato Y, Nakayama J.
    Histopathology. 77(3): 413-422, 2020
  5. Eosinophilic gastroenteritis complicated with Helicobacter pylori infection unresponsive to eradication therapy.
    Nakamura A, Iwaya Y, Iwaya M, Okamura T, Kobayashi S, Daikuhara S, Nozawa Y, Fukuzawa S, Nakamura S, Okuhara S, Yamada S, Yokosawa S, Suga T, Arakura N, Tanaka.
    E.Intern Med. 53(18): 2061-5, 2014
  6. Reduced expression of αGlcNAc in Barrett's oesophagus adjacent to Barrett's adenocarcinoma--a possible biomarker to predict the malignant potential of Barrett's oesophagus.
    Iwaya Y, Hasebe O, Koide N, Kitahara K, Suga T, Shinji A, Muraki T, Yokosawa S, Yamada S, Arakura N, Tanaka E, Nakayama J.
    Histopathology. 64(4): 536-46, 2014
  7. Cloning of Helicobacter suis cholesterol α-glucosyltransferase and production of an antibody capable of detecting it in formalin-fixed, paraffin-embedded gastric tissue sections.
    Kawakubo M, Horiuchi K, Komura H, Sato Y, Kato M, Ikeyama M, Fukushima M, Yamada S, Ishizone S, Matsumoto T, Ota H, Sagara J, Nakayama J.
    Histochem Cell Biol. 148(4): 463-471, 2017
  8. Analysis of A4gnt Knockout Mice Reveals an Essential Role for Gastric Sulfomucins in Preventing Gastritis Cystica Profunda.
    Kawakubo M, Komura H, Goso Y, Okumura M, Sato Y, Fujii C, Miyashita M, Arisaka N, Harumiya S, Yamanoi K, Yamada S, Kakuta S, Kawashima H, Fukuda MN, Fukuda M, Nakayama J.
    J Histochem Cytochem. 67(10): 759-770, 2019

和文

  1. 入院後に気腫性胆嚢炎に至った1例.
    山田重徳, 小池祥一郎, 小松沙織, 加藤響子, 北沢将人, 中村俊幸, 岩浅武彦, 中村功.
    信州医学雑誌. 54(4): 233, 2006.
  2. 腹側膵回転異常の一例.
    山田重徳, 山田雪, 横澤秀一, 村木崇, 上條浩司, 芳澤淳一, 柴田均, 中村学, 石坂克彦, 黒住昌弘.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 26(1): 85, 2010
  3. 第3病日に診断を確定し, 救命し得た重症レジオネラ肺炎の1例.
    山田重徳, 城下智, 村木崇, 山田雪, 岩谷勇吾, 横澤秀一, 古川賢一, 石田文宏, 田中榮司.
    信州医学雑誌. 59(1): 27-31, 2011
  4. 内視鏡所見の遡及的検討が可能であったバレット表在癌の13例.
    山田重徳, 岩谷勇吾, 新倉則和.
    日本消化器病学会雑誌. 108: 54, 2011
  5. Gastric Adenocarcinoma of Fundic Gland type: pre-mucous neck cell subtypeの提唱.
    山田重徳, 金井圭太, 横田有紀子, 須藤桃子, 上條浩司, 古川賢一, 中山淳.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 31(1): 93, 2015
  6. 胃底腺型胃癌の臨床病理学的特徴
    山田重徳, 中山淳
    日本消化器病学会雑誌. 113: 358, 2016
  7. 反復する前胸部通・腹痛・背部痛を呈し内視鏡的に摘出後改善した胆管内蛔虫迷入症の1例.
    宮林秀晴, 松林潔, 清水郁夫, 山田重徳, 長屋匡信, 古田清, 小池祥一郎, 小出直彦.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 22(2): 162, 2006
  8. 経時的変化の追えた頸椎前縦靱帯骨化症による嚥下障害の一例.
    岩谷勇吾, 山田重徳, 富や俊明, 横澤秀一, 村木崇, 上條浩司, 古川賢一, 高木寛司, 向山啓二郎, 木下久敏.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 25(2): 139, 2009
  9. 膵管インサイドステントを使用した膵癌の一例.
    村木崇, 山田雪, 山田重徳, 横澤秀一, 芳澤淳一, 柴田均, 中村学, 石坂克彦, 川村信之, 黒住昌弘, 江原孝史, 中山淳.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 26(1): 82, 2010
  10. NBI拡大観察を行った胃型(幽門腺型)腺腫の1例.
    岩谷勇吾, 村木崇, 大工原誠一, 奥原禎久, 山田雪, 山田重徳, 伊藤哲也, 須藤桃子, 高橋俊晴, 長屋匡信, 横澤秀一, 菅智明, 田中榮司, 中山淳.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 26(2): 191, 2010
  11. 出血性ショックの患者-「エホバの証人」信者の場合を含めて.
    菅智明, 横澤秀一, 伊藤哲也, 岩谷勇吾, 山田重徳, 奥原禎久, 新倉則和.
    消化器内視鏡. 23(11): 1878-1882, 2011
  12. 内視鏡的硬化療法が奏功した食道血管腫の1例.
    玉井方貴, 菅智明, 沖山葉子, 大工原誠一, 奥原禎久, 山田重徳, 岩谷勇吾, 伊藤哲也, 須藤桃子, 長屋匡信, 高橋俊晴, 横澤秀一, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 27(1): 55, 2011
  13. 十二指腸静脈瘤に対しヒストアクリルを用いた硬化療法を行った1例.
    大工原誠一, 菅智明, 奥原禎久, 山田重徳, 岩谷勇吾, 伊藤哲也, 須藤桃子, 長屋匡信, 高橋俊晴, 横澤秀一, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 27(2): 145, 2011
  14. 高齢者における低用量アスピリン起因性胃潰瘍-胃癌との鑑別を中心に-.
    高橋俊晴, 奥原禎久, 山田重徳, 岩谷勇吾, 須藤桃子, 長屋匡信, 横澤秀一, 菅智明, 新倉則和, 田中榮司.
    日本消化器病学会雑誌. 108: 305, 2011
  15. H.pylori 感染症スクリーニング検査の学校検診への導入.
    横澤秀一, 赤松泰次, 岩谷勇吾, 奥原禎久, 山田重徳, 須藤桃子, 高橋俊晴, 長屋匡信, 菅智明, 新倉則和.
    日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌. 26(1): 43, 2012
  16. 粘膜下腫瘍様形態を呈したEpstein-Barr Virus関連胃リンパ球浸潤癌の1例.
    丸山康弘, 岩谷勇吾, 丸山雅史, 大工原誠一, 奥原禎久, 山田重徳, 伊藤哲也, 須藤桃子, 長屋匡信, 高橋俊晴, 横澤秀一, 菅智明, 左近雅宏, 石曽根聡, 小出直彦, 太田浩良, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 28(1): 22-57, 2012
  17. 小腸潰瘍の1例.
    小林聡, 大工原誠一, 岡村卓磨, 野沢祐一, 中村真一郎, 奥原禎久, 山田重徳, 岩谷勇吾, 横澤秀一, 菅智明, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 28(1): 63, 2012
  18. B-RTO抵抗性の孤立性胃静脈瘤に対し胃腎シャント閉塞下のEISが有効であった1例.
    野沢祐一, 菅智明, 横澤秀一, 岩谷勇吾, 山田重徳, 奥原禎久, 岡村卓磨, 小林聡, 大工原誠一, 中村真一郎, 新倉則和, 黒住昌弘.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 28(2): 147, 2012
  19. バレット表在癌の臨床病理学的特徴-粘液形質を中心に-.
    岩谷勇吾, 山田重徳, 新倉則和.
    日本消化器病学会雑誌. 109: 65, 2012
  20. 胃静脈瘤(Lg-f)に対する治療.
    菅智明, 長屋匡信, 山田重徳, 新倉則和.
    消化器内視鏡. 25(9): 1405-1406, 2013
  21. 食道胃接合部疾患の内視鏡診断における検者間・検者内一致率の検討.
    岩谷勇吾, 山田重徳, 岡村卓磨, 小林聡, 大工原誠一, 中村真一郎, 野沢祐一, 福澤慎哉, 奥原禎久, 横澤秀一, 菅智明, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 29(1): 7-39, 2013
  22. 多発する小腸血管腫からの出血に対し内視鏡下のポリドカノール局注が有効であった1例.
    山崎智生, 菅智明, 藤森尚之, 長野有紀子, 中村晃, 斎藤博美, 小林淳一, 岡村卓磨, 小林聡, 大工原誠一, 野沢祐一, 福澤慎哉, 中村真一郎, 奥原禎久, 山田重徳, 岩谷勇吾, 横澤秀一, 新倉則和, 田中榮司.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 29(1): 93, 2013
  23. 消化管原発濾胞性リンパ腫の治療前診断法の検討-カプセル内視鏡の有用性と限界-.
    奥原禎久, 岩谷勇吾, 新倉則和, 岡村卓磨, 小林聡, 大工原誠一, 中村真一郎, 野沢祐一, 福澤慎哉, 山田重徳, 横澤秀一, 菅智明.
    日本消化器病学会雑誌. 110: 327, 2013
  24. 膵炎症状で発症し腫瘍内出血の画像変化を観察できた膵退形成膵管癌の1例.
    渡辺貴之, 山崎智生, 多田井敏治, 岩谷勇吾, 関亜矢子, 越知泰英, 原悦雄, 成本壮一, 岩谷舞, 山田重徳, 長谷部修
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 31(1): 94, 2015
  25. 深達度SSで脈管侵襲陰性, リンパ節転移陰性のGastric Carcinoma with Lymphoid Stromaの1例
    横田有紀子, 山田重徳, 須藤桃子, 上條浩司, 沖田浩一, 柴田均, 中村学, 石坂克彦, 古川賢一, 中山淳
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 31(2): 141-168, 2015
  26. 当院地域包括ケア病棟にレスパイト入院した患者の栄養状態に関する検討.
    石坂克彦, 山田重徳, 町田水穂, 中村学, 古川賢一.
    信州医学雑誌. 65(3): 171-177, 2017
  27. 内視鏡の生検手技と切除標本の取り扱い方-内視鏡医からのアドバイス.
    赤松泰次, 下平和久, 野沢祐一, 倉石康弘, 植原啓之, 浅野直子, 市川徹郎, 山田重徳.
    消化器内視鏡. 29(3): 362-368, 2017
  28. 穿通を伴う胃びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に対し, 保存的加療にて自然閉鎖を認めた1例
    芦原典宏, 山田重徳, 関口智裕, 町田水穂, 柴田均, 中村学, 石坂克彦, 古川賢一, 山田哲, 中山淳.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 33(2): 96-122, 2017
  29. 当院における咽頭腫瘍に対する内視鏡切除の検討
    佐藤幸一, 山田重徳, 岩谷勇吾, 長屋匡信, 菅智明.
    ENDSCOPIC FORUM for digestive disease. 35(2): 141, 2019